【Destiny2】アップデート2.1.0で上方修正が入った武器を検証してみました

どうもこんばんは!
かっちゃんです!

 

本日、11月28日にアップデート2.1.0が

配信されたということで

個人的に良い上方修正だなと思ったもの3つを

実際どんな感じに変わったのかを検証をしてみました。

 

①高威力スカウトライフル

✅高威力スカウトライフルの

ダメージを1.87%上昇。

 

 

今まで3発キルできなかった

高威力スカウトライフルでしたが

 

 

今回のアプデにより

HSダメージが68、胴撃ちが39になり

HSなら3発キルが可能になりました。

 

 

こちらが検証動画です↓

 

 

ちなみに高威力スカウトライフルは

玉兎などの150レート帯のスカウトが

高威力スカウトライフルになります。

 

今回のアップデートによって

玉兎を使う人が増えそうですね!

 

②切り札

✅メメント・モリの効果が乗った弾が

6発→5発へ変更されましたが、

 

 

メメント・モリの効果が乗った弾を

全部打ち切らなくても

敵をキルした際にリロードすれば

 

 

もう一度メメント・モリの効果の弾が

5発撃てるようになる仕様になりました。

 

 

よって、敵をキルしてリロードさえすれば

どんな場合でも5発のメメント・モリを

撃つことが可能になりました。

 

 

個人的に、今回のアップデートで

一番嬉しい上方修正のアップデートです。

 

 

切り札はクルーシブルはもちろんのこと

vEでもギャンビットでも使える武器なので

非常に嬉しい変更ですね!

 

 

こちらが変更後の検証動画↓

 

vPでは確実に使用者が増加されると

予想できますが、

vEでも使うと楽しそうですよね!

 

 

スポンサーリンク

③ナイトクローラー(ハンター)の亡霊の刃

✅近接攻撃が強化

(攻撃範囲、コスト削減、連続攻撃のレートが上昇)

 

攻撃が標的に当たりやすくなるように調整され、

ステルス中は少量のダメージ耐性を付与、

またステルス中はゲージの減少が遅くなります。

 

 

今回の上方修正で

亡霊の刃がかなり強化されました。

 

 

亡霊の刃の検証に関しては

Twitterより、ろろちんみんさん(@rorodetteny66)

から、情報提供のご協力をしていただきました。

 

 

シーズン4とシーズン5で

どのように変わったのか比較する動画↓

 

ちなみに、スーパーチャージを発動してから

ずっと透明のままでいると、

アップデート前は25秒だったのが

 

 

アップデート後だと

30秒もスーパーチャージが

継続されるようになったようです。

 

 

また、

スーパーチャージ発動後の

弱攻撃連打は、

 

 

アップデート前が18回程度に対して

アップデート後は32回程度も

攻撃できるようになったようです。

 

 

これだけでもアップデート前から

今回配信された2.1.0を

アップデートした後とでは

かなり上方修正されたと分かります。

 

 

今回のアップデートにより

vPではもちろんのこと、

vEでナイトクローラーの亡霊の刃を

使用する人は増えそうですね。

 

まとめ

以上3つが僕が個人的に良い上方修正だと

と感じたものです。

 

 

ちなみに上方修正ではなく

弱体化が入った武器がありまして

その武器はイケロスSGです。

 

 

パークのトレンチバレルの効果が

今までは近接攻撃してから

4秒間は効果が発動していましたが、

 

 

今回のアップデートにより、近接攻撃後

今までは4秒間はずっとトレンチバレルの効果が

あったのですが、今回の弱体化のせいで

 

 

4秒間の間に3発しかトレンチバレルの効果が

つかなくなるという武器使用になってしまいました。

 

 

要するにトレンチバレルの効果があるときに

3発SGの弾を撃ったらトレンチバレルの効果が

なくなってしまうということです。

 

 

トレンチバレル弱体化検証動画↓

 

 

また、亡霊の刃はもちろんのこと、

今後は切り札や高威力スカウトライフルを

使う人がたくさん増えそうです。

 

 

もうすぐ次のDLCコンテンツである

「ブラックアーマリー」の配信日が

近づいてきましたが、

 

 

それに向かって、

ますますDestiny2が

盛り上がってくれると嬉しいですね!

 

 

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事