【Destiny2】ラスト・ワードの性能や入手クエストの詳細内容をご紹介

どうもこんにちは!
かっちゃんです!

今回は、1月30日に解禁される

エキゾチッククエスト「引き金」から

入手することができる

ラスト・ワードの性能や

 

 

エキゾチッククエスト「引き金」の

詳細が明らかになったので

ご紹介したいと思います。

 

 

ラスト・ワードはDestiny1で

人気だったエキゾチックの

ハンドキャノンです。

 

 

ラスト・ワードは強力な武器なので、

おそらくDestiny2でもDestiny1時代と同様、

人気の高い武器になると思われますので、

解禁されたら、ぜひ入手したいところです。

 

性能

・威力→78

・射程距離→28

・安定性→46

・ハンドリング→28

・リロード速度→82

・ズーム→11

・所持品のサイズ→40

・エイムアシスト→40

・リコイル制御→100

・毎分発射数→180

・マガジン→8発

 

 

レート帯は、

ルナの遠吠えと同じ180レートですが、

 

 

Destiny1と仕様が同じであれば、

ラスト・ワードの固有パーク

『ファンファイア』のおかげで、

レートが更に上がると思われます。

 

✅装飾

→ラコニック(Laconic)

 

パーク

・固有パーク「ファンファイア」

→素早く連続で撃てる。(フルーオート)

腰だめで敵にダメージを与えることで、

リロード速度と命中精度が上昇する。

 

 

・1段目「螺旋ライフリング」

→バランス型のバレル。

射程距離、安定性、ハンドリング速度が

僅かに向上する。

 

 

・2段目「高精度弾」

→射程距離が伸びる。

 

 

・3段目「腰だめ用グリップ」

→腰だめで撃つ時の命中精度、

安定性が向上する、

持ちやすく改良されたグリップ。

 

 

・4段目「加工グリップ」

→強力な滑り止め加工がされたグリップ。

ハンドリング速度が大幅に向上しますが、

安定性が僅かに低下します。

 

スポンサーリンク

エキゾチッククエスト「引き金」

✅エキゾチッククエスト

「引き金」の詳細をご紹介。

 

 

①汚染されたアーティファクト

 

 

②クレンジング

→悪病のアーティファクトを一掃する

 

 

③浄化されたアーティファクト

→アーティファクトはクレンジングされた。

 

 

④誘惑

→クルーシブルでガーディアンを破って光を照らす。

負けは進歩を妨げる。

 

 

⑤損害

→アーティファクトは暗黒を求めている。

タイタンの暗黒の儀式を発見し儀式を止める。

 

 

⑥新しいギザギザの目的

→ユニークな弾丸がガーディアンの

ヘルメットを貫通しているのを見つけた。

 

 

⑦お喋りな光

→光を解き放ち、儀式を

完成させる為に強力な装備を集める。

 

 

→失われたセクターから

食刻された水晶を集める。

 

 

→クルーシブルで複数の

「復讐は冷静に」&「血に鉢を」の

メダルを獲得すると。

 

 

・ハイヴを精密キルし幼虫を集める。

・魔女の儀式で召喚された

ハイヴのボスを生贄にする。

 

 

⑧悲しみの道

→ハイヴ武器マスターを追跡する為に

必要なものを持っている。

 

⑨会話

→入り組んだ岸辺の四角渓谷で

ハイヴ武器マスターEnkaarを捕まえる。

 

⑩暗い道

→ラスト・ワードのおかげで

ハイヴ武器マスターを倒した。

 

 

メダル「復讐は冷静に」

→最後に自分を倒した

ガーディアンにトドメを刺す。

 

 

✅メダル「血には血を」

→味方を倒したばかりの敵を1人倒す。

 

まとめ

以上で1月30日に、

Destiny2で追加される予定の

エキゾチッククエスト「引き金」の詳細や、

 

 

ラスト・ワードの詳細ステータス、

性能のご紹介を終わりたいと思います。

 

 

ちなみにDestiny1時代での

ラスト・ワードはこのような感じでした。

 

個人的には、

ルナの遠吠えや受け継がれる思いと

どちらが強いのかが気になるところです。

 

 

まずは早く使用したいですね!

 

 

今回も最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

 

この記事が少しでも多くの

ガーディアンのお役に立てれれば幸いです。

 

 

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事