【Destiny2】シーズン7から最強の武器「受け継がれる思い」&「ルナの遠吠え」が弱体化される事が確定




どうもこんにちは!
かっちゃんです!
今回は、今週のBungieにてついに
「受け継がれる思い」と「ルナの遠吠え」が

弱体化されるという内容の発表がされましたので

その内容を個人的な感想を交えながら

ご紹介していきたいと思います。

 

受け継がれる思い&ルナの遠吠えの弱体化内容

①以前まで発射レートが180だったのが、

今回の弱体化によって150レートへ変更

 

 

②威力も150レート帯へ変更

これにより150レート帯で唯一の

精密フレームのハンドキャノンに

 

 

③固有パーク「雄大な遠吠え」が精密ダメージ向上から

胴撃ちダメージ向上へ変更

・これによりHS2発胴撃ち1発でのキルが可能に

・この調整は、2発の精密攻撃

 

 

④武器は180レート帯のリコイル制御と

発射アニメーションを維持する。

 

 

次回のシーズン7から以上のような内容の

調整が行なわれるようです。

 

 

✅弱体化が発表された今週のBungie

弱体化される事でキルタイムはどれくらい変わるのか?

✅今までのキルタイム(HP192で計算)

・精密「パーク:雄大な遠吠え発動」→0.67秒

 

 

✅弱体化後のキルタイム(HP192で計算)

・精密 or「パーク:雄大な遠吠え発動」→0.8秒

 

スポンサーリンク

まとめ

以上で「受け継がれる思い」&「ルナの遠吠え」の

弱体化内容のご紹介を終わりたいと思います。

 

 

「受け継がれる思い」&「ルナの遠吠えの弱体化」は

自力で取得してきたプレイヤーにとっては

ネガティブな内容の武器調整だと思いますが、

 

 

これまで幾度となく受け継がれる思いや

ルナの遠吠えにキルされてきたプレイヤーにとっては

朗報だったのかなと思います。

 

 

個人的には、今まさに受け継がれる思いを

取得すべく頑張って対戦モードにこもっている中での

弱体化の発表だったので、

正直残念な気持ちが強いです。

 

 

ですが、今のpvpでの状況を考えると、

今回のような弱体化は、遅かれ早かれ

必要だったのかもしれません。

 

 

ただ、圧倒的な強さを誇る

「受け継がれる思い」が弱体化されてしまうと

対戦モードを頑張る理由がなくなってしまう方が

これからさらに出てくるかもしれません。

 

 

そうなってしまうと、

猛者の方やPvPユーザーの方々は

どこを目指してDestiny2をすれば良いのか、

目的や目標がなくなってしまいモチベが下がり

別ゲーへ流出してしまうかもしれません。

 

 

また、今対戦モードへ篭って

頑張ってルナの遠吠えや、受け継がれる思いの

取得を目指しているプレイヤーにとっては

楽しみが1つ減ってしまったのかなと思います。

 

 

武器バランスの調整は、

運営も頭を悩ませる難しい事だとは思いますが、

出来るだけ多くのユーザーが

Destinyを楽しめるような方向での調整を

これからも期待したいところですね。

 

 

今回も最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

 

この記事が少しでも多くの

ガーディアンのお役に立てれれば幸いです。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事